二重顎の正体は広けい筋のコリ、コロナ運動不足

納品があって、立川駅から徒歩5分の鍼灸整骨院『響』に行ってきました。

そして最近気になる二重顎と首のたるみの相談をすると、なるほど・・・・

コロナ自粛中は控えていたゴッドハンドを持つ先生のメンテナンス、今日は久しぶりにしていただくことにしました。

ベッドやお部屋はしっかり除菌されていて、先生の手もアルコール除菌のせいであれてしまうほどの徹底ぶりですから安心です。

それで、教えていただいたことは・・・

二重顎、首のたるみの原因は、首から胸のあたりまで伸びている、広けい筋と呼ばれるところのコリが原因なのだそうです。

広けい筋はこの青い部分。

ここがコルことで、血行が悪くなったりして顔回り、首のたるみが起こるのだそう。

顔のお手入れで、〇ファという商品がありますが、これも顔のコリを改善してリフトアップするというものですから同じ原理ですね。

リンパ、老廃物を流すように広けい筋をマッサージすると顔、首のたるみも改善されるということなんです。

酸素の入ったオイルすりこんでマッサージした後、鍼をしてコリをほぐしていただきました。

施術後、顔も首も少しキリっとすっきりして安心しました。

私の広けい筋が凝った理由は、この数か月の運動不足だと思います。週1回は泳いでいた生活だったのですから、全身の筋肉が少しづつ落ちてしまっています。

腹筋や胸筋、背筋の量が減ることで体幹がぶれて、広けい筋が引っ張られて、コリに繋がるということらしいです。

ジムや水泳に行くのはもう少し先のことかもしれませんから、歩く距離を長くしたり体幹を保つ運動を自宅でするしかないですね(-_-;)

ということでこれ ↓

何か始まるのかとうちの子が横付けになっていますが、マットの上でダンベル体操。これならちょっとした合間にできそう。

たるみ改善のために頑張ります~ 頑張ると続かないから、何気ない習慣にしたいな~

 

まだまだ、コロナ感染者も増えてきてしまっていますので、不要不急?とも思いますが

毎日家庭の中に灯をともし続けなくてはならない女性だからこそ、たまのご褒美としてもメンテナンスは必要なことだと思うのです。

そして気を付けながらも、夫々の経済活動が継続していけるように支えあいたいものです。みんな知恵をしぼって頑張っていらっしゃるので私もエネルギーをいただけます。

 

織田 縁 1960年代生まれ。現在社会人になる2人の息子を育てたのち東京都杉並区で日本のハーブブレンド『チャカラティーズ』を製造販売する会社㈱ワイズ・ドット・ファームを設立。                              登録販売者、帝都医療品配置共同組合員として漢方薬・健康食品の販売、漢方上級スタイリスト、料理研究家家。お問い合わせ  http://ysdotfirm.co.jp

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP