風邪のひきはじめ、かかったかな、というときの漢方

健康食材、自然食品、医薬品に関するサイトです。

上級漢方養生士で、登録販売者の織田縁です。健康食材、自然食品の効能を知って毎日を健やかにすごしていただくためのサイトです。

 

風邪はウイルスが入り込んで起こる病気です。

ひきはじめに、ウイルスが入った~(*’ω’*)と思う人は少ないでしょうか。でもかかったかな(*’ω’*)!と思う人は多いでしょう。

かかったなか、と思うときはどういう感じですか・・・?

私の場合は、頭の付け根、肩が凝ります。肩の下の肩甲骨の間がぞくっとしたり、腰が痛くなったならば、もう、完全にかかったかな(*’ω’*)!です。私は入られた(*’ω’*)!と思います。

風邪のひきはじめの定番、葛根湯・麻黄湯

入られたものを素早く取り払うために飲む漢方薬が有名な『葛根湯』です。私は常に持ち歩いています。

強く入られた(この表現わかりますか?)、ヤバイ!というときは『麻黄湯』を飲みます。麻黄湯はインフルエンザにも効果のある強い漢方薬です。

このような、かかったかな(*’ω’*)!というときにさっと飲んで、初期に対処する漢方薬が他にもいくつかあるので紹介します。

風邪かな?というときに飲む漢方薬

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)・・・これは初期に大量の透明な鼻水が出る人向きです。

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)・・・これはすぐに熱が出て、鼻づまり、のどが腫れたときの漢方です。

香蘇散(こうそさん)・・・胃腸が弱く、ひきはじめに腹満感があって吐き気がする人向き。お腹を温めて気分をさわやかにしてくれる作用があります。普通の薬局で手に入らないのですが、私はこれでちょっとした風邪の初期はこれで治るし、効きが合っていて好きな漢方薬です。紫蘇が入っています。

参蘇飲(じんそいん)・・・人参と紫蘇が入った、高齢の方や、小さいお子さん用の風邪初期の漢方薬です。人参で栄養をつけながら風邪を退散させる紫蘇や葛、気分もすっきりさせる生薬が入ったもので、マイルドに効きます。

 

このように風邪の初期だけでも、その人の年齢や体質、症状によって漢方薬も様々あります。

まずは日ごろから自分の身体を気遣って、今どんな体調なのか気にしてみてください。早めに対処したら、ひどくならない可能性大です。

 

 

プロフィール                                                     織田 縁 1960年代生まれ。東京都杉並区で日本のハーブブレンド『チャカラティーズ』を製造販売する会社㈱ワイズ・ドット・ファームを設立。

登録販売者として漢方薬・健康食品の販売、上級漢方養生指導士、漢方上級スタイリスト

お問い合わせ  http://ysdotfirm.co.jp ㈱ワイズ・ドット・ファーム 東京都杉並区浜田山1-12-22 050-3718-3588

 

 

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP